laravel-debugbar


debuger

laravel-debugbar

Laravelでのデバッグにとても便利な laravel-debugbar を紹介します。Larvelプロジェクトに composerで laravel-debugbarを追加すると、画面の下に情報欄が現れます。Messagesや Timeline, Exceptions, Views, Route, Queries, Mails, Request といった情報を確認することできます。

インストール

composerでパッケージをインストールします。

composer require barryvdh/laravel-debugbar 

config/app.php のサービス・プロバイダーとファサードに以下の設定を追加します。

Barryvdh\Debugbar\ServiceProvider::class,

'Debugbar' => Barryvdh\Debugbar\Facade::class,

公式サイト

https://github.com/barryvdh/laravel-debugbar

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中