Laravel 5.1のルーティング

Laravel で提供されている様々なルーティング方法を紹介します。

  • クロージャを使ったルーティング
  • ルートパラメータ
  • コントローラへのルーティング
  • RESTful リソースコントローラ
  • 暗黙コントローラ
  • 名前付きルート

続きを読む

広告

初めてのLaravel 5.6 : (32) Route Model Binding

今回は Route Model Binding 機能を使って、コントローラを修正したいと思います。Route Model Binding とは、今までモデルの id を受け取っていた箇所で、id の代わりに、id に対応するモデルのインスタンスを受け取れる便利な機能です。

続きを読む

初めてのLaravel 5.6 : (25) Resouce Controller

ここまでで記事(Article)に関して、Create(生成)、Read(読み取り)、Update(更新)、Delete(削除)の実装が完了しました。いわゆる CRUD と言うやつです。実は、この CRUD を実装するに当たって、Laravel の Resource Controler の流儀に基づいてルートやコントローラを定義して来ました。今回はこの Resource Controler について見ていきます。

続きを読む

初めてのLaravel 5.6 : (24) Named Route

今までコントローラやビューの中で URL を指定する時は、ソースコードに直にパスを書いていました。しかし、この方法だと、パスに変更があった時に、多くの箇所を変更しなければなりません。そこで、ルートに名前を付け、ルート名で URL を指定することで、この問題を解決したいと思います。

続きを読む

初めてのLaravel 5.6 : (14) MVC

laravel_mvc2

前回、Articles テーブルにサンプルデータを作成しました。今回は Laravel でこれらの情報を表示します。

今まではコントローラからビューを表示する部分しかやっていませんでしたが、今回はコントローラからモデルに問い合わせ、モデルが DB からデータを取得し、そのデータをビューに渡して画面表示します。MVC パターンのフローを一巡りします。

続きを読む