初めてのLaravel 5.1 : (11) Eloquent マスアサインメント

Eloguent のマスアサインメント機能を使って、テーブルにデータを追加してみます。
下記の create() メソッドに配列で値を渡すことで、1文でテーブルにデータを追加することができます。

App\Article::create(['title' => '3件目の記事', 'body' => '吾輩は猫である', 'published_at' => Carbon\Carbon::now()]);

続きを読む

初めてのLaravel 5.1 : (9) モデルの作成

前回は、マイグレーションを使って、Articlesテーブルを作成しました。今回はMVCパターンのモデルを作成し、モデルを通して、DBのデータを操作を行います。

なお、LaravelではDBとモデルオブジェクトを対応付ける機能を Eloquent と名付けています。Eloquent の機能を継承し、ビジネスロジックを加えたクラスがモデルです。

続きを読む