Command Bus の使い方動画

Command Busの使い方をレビューしている動画があるので、紹介します。


*****

Laravel v5.0で追加された、Command Busは、v5.1でQueueと統合されて、Job Busに変更されました。この動画は Laravel v5.0リリース前のプレビュー動画で、内容が古いです。

しかし、v5.1でもコマンドバスパターンとしてのJob Busは使えるのに、マニュアルに説明がありません。この動画とv5.0のCommand Busのマニュアルは非常に貴重な情報源ですので、見ておく価値はあります。

*****


Laracasts にある Laravel 5 Preview: Commands です。Previewとなっているのは、Laravel5が正式にリリースされる前の動画だからです。

https://laracasts.com/lessons/laravel-5-commands

この動画で1つ注意することは、最初に artisan を使ってコマンドクラスを作成するのですが、この時に、コマンドクラスと、コマンドハンドラクラスの2クラスが生成されます。この挙動は現在変更されていて、コマンドクラスだけが生成されるようになっています。コマンドハンドラのメソッドはコマンドクラスに内包され、セルフハンドリングするようになりました。コマンドクラスとコマンドハンドラクラスを2つ生成したい時は –handler オプションを指定する必要があります。

$ php artisan help make:command
Usage:
 make:command [--handler] [--queued] name

Arguments:
 name                  The name of the class

Options:
 --handler             Indicates that handler class should be generated.
 --queued              Indicates that command should be queued.

動画の内容は英語ですが、Step by Step で進んでくれるので公式サイトのドキュメントを見てから、動画を見れば何をやっているのかはわかるかと思います。

公式サイトのドキュメント
http://laravel.com/docs/5.0/bus

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中