ページネーション

Laravel 5 ではページネーション機能がデフォルトでサービスとして組み込まれています。超簡単にページネーションを実現できます。


Controller

<?php // app/Http/Controllers/ArticlesController.php
namespace App\Http\Controllers;
...
class ArticlesController extends Controller {
	...
	public function index() {
		$articles = Article::latest('published_at')->paginate(15);

		return view('articles.index', compact('articles'));
	}
	...
}

pagenate() メソッドを使って、1ページに表示するデータ数を指定します。


View

@extends('layout')

@section('content')
	<h1>Articles</h1>

	@foreach($articles as $article)
		<article>
			<h2>
				<a href="{{ route('articles.show', $article->id) }}">{{ $article->title }}</a>
			</h2>
			<div class="body">{{ $article->body }}</div>
		</article>
	@endforeach

	{{-- ページネーションリンク --}}
	{!! $articles->render() !!}
@stop

render() メソッドを使って、ページネーションリンクを生成します。驚くほど簡単で超クールです。

http://laravel.com/docs/5.1/pagination

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中