初めてのLaravel 5.1 : (19) エラーメッセージの日本語化

前回前々回とValidationをやりましたが、エラーメッセージが英語のままでした。今回はエラーメッセージを日本語化してみたいと思います。

言語設定

まず、config/app.phpの locale を ja に変更します。

'locale' => 'ja',


エラーメッセージファイル

言語毎のメッセージファイルは以下のディレクトリに格納されています。エラーメッセージを格納するファイルは validation.php になります。初めは日本語のファイルは存在しないので、英語のファイルをコピーして作成します。

resources
└── lang
     ├── en
     │   └── validation.php
     └── ja
          └── validation.php

ja/validation.php の内容を日本語に修正します。

<?php

return [

    /*
    |--------------------------------------------------------------------------
    | Validation Language Lines
    |--------------------------------------------------------------------------
    */

    "date" => ":attributeは正しい日付ではありません。",
    "min" => [
        "string"  => ":attributeは:min文字以上入力してください。",
    ],
    "required" => ":attributeを入力してください。",

    // ...

    /*
    |--------------------------------------------------------------------------
    | Custom Validation Attributes
    |--------------------------------------------------------------------------
    */

    'attributes' => [
        'title' => 'タイトル',
        'body' => '本文',
        'published_at' => '公開日',
    ],
];

これで、日本語のエラーメッセージが表示されます。

Laravel 5.1の翻訳済メッセージファイルはこちらで入手できます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中