SQLiteで外部キー制約(Foreign Key)が効かない時

データベースのテーブルに親子関係を持たせて、親を削除したら、子も削除する様にしたい時、外部キー制約を設定します。しかし、SQLiteの場合は デフォルトでは外部キー制約(Foreign Key)がOFFになっています。その為、DBにつなぐ度に以下のSQLコマンドの実行が必要になります。

PRAGMA foreign_keys = ON;

では、Laravel 5.1 のアプリでは何処で、”PRAGMA…” を実行すれば良いのでしょうか?

続きを読む

広告